知ってるようで 知らなかった

装丁

『女性対男性』

和田さんが多くの装丁を手がけた作家のひとりが、丸谷才一さんです。最初の仕事は、1970年のエッセイ集『女性対男性』。以降『大きなお世話』の装丁や挿絵、新聞の連載エッセイ『男のポケット』の挿絵と続き、やがて丸谷さんからのご指名で装丁、挿絵を一手に引き受けるようになります。

『女性対男性』(文・丸谷才一) 1970 文藝春秋

『ぐうたら人間学』

それまでも装丁は手がけていましたが、この『ぐうたら人間学』(著・遠藤周作)をきっかけに装丁の仕事が多くなりました。
「「装丁のコツは?」と時たま人にきかれることがあります。ぼくは「初校ゲラ(校正刷り)をよく読むことです」と答えています。文章の中に装丁のヒントになる要素が含まれているから。あとはそのヒントを生かして、丁寧に仕事をすることだけです。」(『時間旅行』より)

『ぐうたら人間学』(著・遠藤周作)1972 講談社