MENU

【動画】林マヤが倒れた理由は脳卒中が原因?その後どうなったのか調査!

ファッションモデル・タレント・歌手など、マルチに活躍している林マヤさん。

資生堂エリクシールのCMに出演したことで一躍有名になり、テレビ番組への出演が増えました。

そんな林マヤさんですが2024年7月10日の「ぽかぽか」生放送中に突然倒れるというトラブルに見舞われました!

この騒動にネットでも「林マヤさん大丈夫かな…?」や「林マヤさんて何が病気だったっけ?」

などさまざまな声が上がっています。

そこで今回は

  • 【動画】林マヤがポカポカ放送中に倒れた!
  • 【なぜ?】林マヤが倒れた理由3選!
  • 林マヤが倒れたその後はどうなった?

こちらのテーマでお届けしていきたいと思います!

目次

【動画】林マヤがポカポカ放送中に倒れた!

まずはこちらの動画をご覧ください。

※1分20秒辺りから林マヤさんが倒れた様子が伺えます。

クイズコーナーの最中にいきなり林マヤさんが倒れた様で、共演者からは悲鳴にも似た音声の「ヤダヤダヤダ」の声も。

その後VTR終了後にMCのハライチ・澤部佑さんが

今ちょっと、マヤさん体調崩されてお休みしてるということです

と視聴者に向けて報告。

そのまま番組終了するまで林マヤさんは復帰せず視聴者からも心配の声が多く上がっていました。

同局の山本賢太アナウンサーからは

マヤさんが体調不良で、回復されたんですが、大事を取ってお休みということになっております。

というアナウンスも。

林マヤさんは一体なぜ急に倒れてしまったのでしょうか?

【なぜ?】林マヤが倒れた理由3選!

こちらでは林マヤさんさんが倒れた理由について考察していきたいと思います!

理由①脳卒中だった

一つ目の理由が「脳卒中」です。

この日は別の番組である「あさイチ」で脳卒中について報じていました。

視聴者からすれば脳卒中の事が頭に残っていたタイミングで今回の様な事が起きたとしたら

「まさか脳卒中では?」と考えてしまうのも無理はありません。

さらに脳卒中の場合、これまで異常がなくても急に立ち上がった際に高血圧になり、脳卒中になるケースもあるそうです。

しかし、もし本当に脳卒中だったとしたら病院に緊急搬送されているはずですが、その後の富永美樹さんのインスタグラムで

放送後は「お肉切りたかったのにな~」と言いながら
私と一緒に歩いて楽屋まで戻りました
マヤさんの笑顔が見られて
出演者、スタッフさん全員本当にホッとしました

番組中もマヤさんはCMの度に姿を見せてくれ
「大丈夫だよ」とおっしゃってくれたので
私たちもその後は安心して放送を楽しむことができました

と投稿されていたことから、病院に搬送されていない事が判明しています。

このことから脳卒中だった可能性は極めて低いと言えるでしょう!

理由②熱中症で倒れた

二つ目の理由が『熱中症』です。

熱中症というと、日ざしのある屋外で発生するイメージを持たれる方が多いかもしれませんが、室内にいても、条件によっては熱中症になることがあるそうです。

総務省消防庁によれば、2017年から2019年の熱中症発生場所は3割から4割が敷地内全ての場所を含む住居となっており、室内での熱中症の発生も多くなっています。
室内での熱中症は、室内で過ごしている間に室温や湿度の上昇など、環境要因で起こるほか、屋外での活動後に室内で適切に体を冷やすことができず熱中症になる場合や、夜間に冷房を使用しないことで屋外の気温が下がっても室温が上がり、寝ている間に熱中症になる場合もあります。

引用:熱中症ゼロへ

室内での熱中症というのはあまり聞き慣れませんが実際にはけっこう起こっている様です。

もしかしたらスタジオ内の温度が高く知らずのうちに熱中症にかかっていた可能性はあるかもしれませんね。

理由③栄養失調と心身疲労

3つ目の理由が『栄養失調』です。

どうやら林マヤさんは過去に栄養失調で倒れた経験があるそうで、さらには拒食症になった経験も。

現在もそういった病気を患っているという話は聞きませんが、このような過去の経験から精神的疲労はあったかもしれませんね。

さらに久しぶりに出演した地上波ということで疲れが溜まってしまったのでしょうか。

林マヤが倒れたその後はどうなった?

前述した様に現在はご自分で歩けるくらいにまで回復されています!

放送後には

お肉切りたかったのにな~

と元気そうな様子で富永美樹さんと話されていたそうです。

ネットでも

このように安堵の声が多くコメントされていました。

今後、林マヤさんご本人の口から何らかの説明があった際には追記していきたいと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次